理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

携帯メール受信不可

そういえば、ここ2日くらい、携帯にメールがきてなかった。そうかそうか、ついに実世界との繋がりが切れて、孤高の仙人生活に突入ですか、あはは、とか思って途方に暮れつつ、メールセンターにDoS攻撃並みのメール問い合わせを送りまくっても、やはりメール受信の知らせはない。めったにネットに接続しない僕にとってメールの届かないケータイなど単なる携帯電話であり、それ以上でもそれ以下でもない。強いて言えばごく稀にカメラを使う程度か。モバゲーもmixiモバイルも知らねぇよwwwとか思いつつ、それでもまだ蜘蛛の糸のごとく、自分の前に僅かに見える細い細い実社会との繋がりを模索して、メール問い合わせをしまくっていると、ケータイに表示されるメッセージがいつもと違うことに気づく。i-mode曰く

受信失敗:メールがいっぱいです

である。


メールがいっぱいですって何だと。いっぱいってどこにいっぱいなのかと。5W1Hのうち、2つしかない。このメッセージなんなんだと。誰宛なんだと。全然意味わかんねぇ。分かるのは「メールがいっぱいであること」だけである。「メールがいっぱいです」、この中に意味のない情報などない。そういう意味では、情報の密度は完璧である。問題なのは、情報の密度は完璧なれど、ほかに必要な意味のある情報がきれいに削ぎ落とされていることで、メッセージ全体として意味が分からないという、絶妙なバランスが保たれていることである。携帯電話の説明書を斜め読みしてみても、エラーメッセージすら載っていない。


メールがいっぱいだというので記憶容量不足だと予測して、要らないメールは消しまくり、ついでによく分からず取り貯められていた写真を消してみて、再度問い合わせしても状況は何も変わらない。やっぱ、もうauの時代だな!au万歳!万歳!とか思いつつ、よくよくみたらメッセージRというものがあった。ぼくはメールでその日のニュースを送ってもらうサービスに登録しているのだが、実のところほとんど読んでない。その未読メールがメッセージR用受信ボックスに溜まりに溜まっている。ちょっと消してみたら普通にメールの受信が完了してしまった。


DoCoMoのみなさん、悪いのぼくでした。あやまります。DoCoMo万歳!万歳!
DoCoMo 2.0、超応援してます。思う存分反撃してください。あと、DoCoMo 2.0のメッセージも意味がわかりません。