理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

ボーリング大会敢行

前回ボーリング大会において、見事なまでの腕前で、栄光のブービー賞を取ってから早1年以上経ちましたが、ようやくぼくがその重責を果たし、ボーリング大会を敢行することができました。参加者23人とか。多すぎ。レーン毎に4人ずつ振り分けて、各レーンでアベレージを出して、優勝レーンを決めるルール。個人でもアベレージを出して、トップには賞を、そしてブービー賞にはブタのぬいぐるみと次回幹事をなすりつけるという珠玉のルールです。


でまぁ、とりあえずゲーム始まったからボールころがしまくったわけなのだけれど、第一ゲームのスコアが100に届かないと言う散々たる状況。ぼくのレーンは全員が学部生だったのですが、あーもう面目を保つとかそういうレベルじゃねぇ。このままじゃやばい。トップの人は180とかいうスコア出してて、危うく最初からダブルスコアです。


ただ、ぼくは幹事であり、今大会の法律でありルールブックなわけなので、2ゲーム目は全員利き腕と逆の腕で投げるようにしました。なんかみんなのテンションが目に見えてさがってたので、あー選択を間違ったかなー全員15ポンドのボールでも投げさせとけばよかったかなーとか思ったりもしました。ぼくは左手で投げたわけですが、利き手であるはずの右手のスコアを余裕で上回ってしまったので、非難の集中砲火を浴びもしました。「きとし練習してたんちゃうん」みたいな。彼ら、幹事に対する敬意であるとか皆無です。ぼくは悲しい。


3ゲーム目はガチでやって、全工程終了。ようやく長きに及ぶ重責を果たすことができました。ブービーも余裕で回避できて、めでたしめでたしです。よかった。もう思いのこすことはない。