理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

Overdrive超ヤバイ

ヤバイ。Overdriveヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
Overdriveヤバイ。
まずアツい。もうアツいなんてもんじゃない。超アツい。
アツいとかっても
「太陽20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ初心者。スゲェ!なんか経験とか無いの。巨人の星とかあひるの空とかを超越してる。初心者だし根暗。
そして運チらしい。ヤバイよ、運チだよ。
だって普通は主人公とか運チじゃないじゃん。主人公がスポーツできないとかないじゃん。スポ根漫画で主人公が運チとか超困るっしょ。
中学校から不良だった桜木が、流川に間違われたとき不良に速攻ボコられてたら泣くっしょ。
だから桜木とかケンカすごく強い。話のわかるヤツだ。
けどOverdriveはヤバイ。そんなの気にしない。運動できない。バレーボールをレシーブせずに受け取るとかヤバすぎ。
運チっていたけど、もしかしたら自転車の才能はあるかもしんない。でも自転車の才能があるって事にすると
「じゃあ、運チじゃないじゃん?」
って事になるし、そこには誰も突っ込まない。ヤバイ。誰も突っ込まないなんて凄すぎる。
あと超絵キレイ。約CLAMPミス・ユニバースで言うと森理世。ヤバイ。スゴすぎ。読んでると鳥肌が立つ。怖い。
それに超キャラ立ってる。超魅力的。それに超長い。1レースで4巻とか平気で超えてる。4巻て。週ジャンの新人漫画家じゃなかなか超えられないよ、最近。
なんつってもOverdriveはレースが凄い。10人抜きとか平気だし。
うちらなんて自転車とかたかだか小さな坂が出てきただけですげぇ疲れるからちがう道選んだり、ギア変えてみたり、押したりするのに。
Overdriveは全然平気。むしろ一番ギア重くして上ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、Overdriveのスゴさをもっと知るべきだと思います。
そんなスゴいOverdriveを書いてる安田剛士とか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。


OverDrive(1) (講談社コミックス)

OverDrive(1) (講談社コミックス)