理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

手術覚悟して病院行ったら放置された件

なんか2ヶ月くらい前から背中にぷっくらとした吹き出物みたいなのが背中にできた。おぉニキビか!若いのう!とかそんな感じでぼくはやさしく愛でていたのですけれども、さすがに2ヶ月くらいたっても消えないニキビはないのでとても不審に思いだした。とてもあやしい。

最近は便利な世の中ですね

でまぁ、もしかしたらこれ癌なんじゃね?しこりってこれなんじゃね?とかマジで心配になってきて、真っ青になりつつgoogle先生とかに情報くださいおねがいしますとかいう感じでへりくだると、なんかもう少し似たような病名があった。アテロームとか粉瘤とかいうらしい。この吹き出物、つぶれたら超くさいらしい割には、高貴でステキな名前をお持ちです。皮膚の下に袋ができて、老廃物が体外に出ずにその中にたまり続けるんだってさ。最終的に爆発して、しぼんで、またふくらみだす。火山列島日本を象徴する日本男児みたいな感じで男らしいし、手術して切除しないと完治しないとか、ちょうクールです!けっこうメジャーな症例らしいのに、原因不明とかステキすぎ!あんま検索しないほうがいい。けっこうグロい画像がでてくる。マジで。

で皮膚科行ったら

やべー、これはやべーとか思いつつ皮膚科いったんですよ皮膚科。なんかすげぇ混んでるんです。ぼくは待った。一時間くらい待ちましたとも。必死でiアプリとかでゲームしてた。いや正直言って不安で不安で。ぼく手術とか基本的にしたことない。でも保育園くらいのとき麻酔無しで縫合をしたことがあって、そのときちょう泣き叫んだのが縁で、手術とかちょうトラウマなのです。でぼくはiアプリでゲームして気を紛らわそうとしたらまぎれなくて、フリップルとかいうゲームを恨んだりしました。

診察してもらった

でまぁ診察してもらった。上半身裸になってここにあるんですとか言って吹き出物指差したら、触診も何もなしで見た瞬間「アテロームですね!!!!!!!」て言われた。1時間ぼくはフリップルしまくって診察待ってたのだけれど、診察結果10秒くらいで出た。


基本的にこの吹き出物みたいなやつは手術でしか完治しないらしいんだけれども、このままの大きさで持ちこたえる人もいるし、それは人によるし、なんかこのまま様子みましょうかみたいな話になった。みましょう、様子みましょう全力で!、みたいな感じで、手術覚悟してたのにそのまま何の薬ももらわず、820円だけ払って今にいたるわけです。

きっとたくさんいる

気になってgooglemixiで調べてもなんか手術のはなししかなくて、これ放置して大丈夫なんか!?とか思ったのだけれど、たぶん手術しないで放置する人はblogとかmixiダイアリーとか書かない。きっとそういうサイレントマジョリティーがたくさんいて、そういうサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいますと、実はぼくみたいに放置される人が多数派なのだ!とポジティブに思うことにしました。

結論

リップルでは1時間もたない。