読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

スポーツジム行ってきた

sports

きっかけ

ひょうちゃんからスポーツジム行かね?みたいな話があって、これもひとつの体験かなーとか思って、未知の世界に足を踏み入れてみることにしました。


スポーツジムというと学生さんとかに来てもらえばもうかって、院生さんは通常運動不足な感じで、うまいこと需要と供給がかみあっているみたいですね。ところが、どっかのCMが打ってたけど、学生さんは金がない。ここに齟齬が生じてしまっていて、ぼくはお金さえあれば行くのになぁとか、考えても無駄なことを必死で夢想したりしていた。でも行動はしないので、それ自体は無駄だった感じです。ところが、ひょうちゃんが持ってきた話はなんと無料体験だったので、それ超いい感じじゃん、どんだけーみたいなノリで、スポーツジムに乗り込んだのです。こういう二つのニーズをつなげることができる人は、今の時分ひっぱりだこなので、ひょうちゃんとかはたぶん出世する。みなさんは今のうちに、ぼくと力を合わせて、ひょうちゃんにおねだりしとくといいかもしれない。

わけわかんない機械がいっぱい

メカがたくさんある部屋に行ってみたのですが、メカがたくさんありました。

走りまくった

とりあえずこういうところに行ったら走らないとなーとか、深く考えずに走りまくったんですけれども、なんか30分くらい走ってみて、これはとてもよい感じです。ランニングマシンの上で走ったのですが、時速8kmだったのにランナーズハイに突入してみたいで、30分あっという間でした。あと、自転車乗るみたいなマシンがあって、これなんてOverDrive?とかいう感じで、ちょう走りまくった。「おれ戦慄のクライマーだから!マジで陸崎東とかメじゃないし!」とか勝手に役付けして、山道(の設定)走ったとかそういう感じです。その後も違う自転車のマシンとか、山道走る系マシンとか使って、ぼくは2時間ほどストイックに走りまくった。ぼくは汗がすがすがしいなぁ、青春だなぁとかわけわかんないことを考えていたわけです。

筋肉痛がまだきてない

でまぁ2時間くらいして帰ってきて、今はその翌日なのですけれども、不思議と筋肉痛がきていない。ぼくの筋肉やるじゃん!かっこいいじゃん!とか悦に浸っているところです。お前歳だし、明日筋肉痛がくるんじゃね?っていうか氏ね、とか思った人は相当性格がねじまがっている感じなので、スポーツジム無料体験して、汗を流して青春して、そのねじまがった性格を矯正するとよいですね。