理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

焦りってないのかな

最近どうも人から見ても不機嫌だったもようで、迷惑かけたなーとわりかし反省しているんですけど、反省ばっかししても楽しくないですから5分で反省を終えることにしました。
焦ると不機嫌になるみたいなんですけども、なにに焦るかというと自分が取り残されそうで焦る。


総表現社会だかなんだか言われているみたいですが、みなさんblogなりmixiダイアリーなりtwitterなりで自分を表現されています。
そういう社会でみんなが自分の能力を{直接,間接}的に表現しだすと、幸運にもというべきか不幸にもというべきか、自分の立っている場所というものが見えてくる。
世の中たくさんのすげーエンジニアがいて、

「インターネットの世界で何かしようと思って、世界を変えられるのはITエンジニアだけ」

世界を変えられるのはエンジニアしかいない − @IT自分戦略研究所

みたく世界を変える的なこと断言できるid:naoyaとか、OS作りだすid:higeponとかいっぱいいる。


年齢なんて関係ない世界ですが、年上だから当たり前じゃんみたいな言い訳を持ち出してもいいかなーとか甘えてみると、同い年とか、年下の人がはるかにスゲープログラムなり技術なり書いてたり持ってたりするわけです。少数じゃなく、スゲー数の人が。むしろそっちが多数派。
で、今から追いつけば良いじゃんみたく思うと、追いつくどころか一日一日間違いなく離れている実感ばっかりなわけですね。
会社に入ってから技術付けるなんていうのは、「俺、この戦争が終わったら…結婚するんだ…」みたく死亡フラグ立ててるようにしか思えない。
みんな焦ってないのかな、焦ってないように見せかけて焦ってるのかな、もしかしたらぼくだけがこういう偏狭な思いを抱えてるのかなー。