理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

Learning SQL Chapter 3

発行した Query の行く先

ユーザが発行した Query は以下の 3 ステップをクリアして初めて query optimizer に渡される.

  1. ユーザに statement を実行する権限がある
  2. データにアクセスする権限がある
  3. statement の文法が正しい

Alias

結果として返ってくるテーブルのヘッダは簡単に変えることができる.
以下は組み込み関数である VERSION() と USER() をそのまま使った例.ヘッダには組み込み関数の名前がそのまま出力されている.

mysql> SELECT VERSION(), USER();
+-----------+------------------+
| VERSION() | USER()           |
+-----------+------------------+
| 5.0.51b   | y-kiri@localhost |
+-----------+------------------+
1 row in set (0.00 sec)

ヘッダを変える (alias を作る) のは,SELECT 文の column 指定 の後に使いたい alias 名を入れるだけでいい.簡単だ!

mysql> SELECT VERSION() ver, USER() user;
+---------+------------------+
| ver     | user             |
+---------+------------------+
| 5.0.51b | y-kiri@localhost |
+---------+------------------+
1 row in set (0.00 sec)