理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

場とはなんだろう

ちょっと前から量子スピンって何なんだろうという好奇心がモゴモゴしておりまして、種々の Web サイトを見たり Wikipedia 探訪をしてみたりしたものの「分かった!」という実感に至らず、というか余計に分からないことが増えまくったので、量子場に手を出してみました。

が、残念ながらよくわかりませんでした。
第一章にあるマクスウェルの物理的力線のモデル(ref: “d”g‚Ì”­Œ©[ƒ}ƒbƒNƒXƒEƒFƒ‹)の説明には度肝を抜かれたし、同章に記載のあるマクスウェルの方程式の説明については、今まで見たどの説明よりも直感的に分かりやすいものだったのですが…。
著者も巻末で記述していますが、

数式を使わずに数理物理の話を書くために比喩を多用したが、数学的・物理学的な内容の正確さを損なったのではないかと、内心、戦々恐々としている。

ぼくは数式で自分を納得させていくタイプなので、数式をできるだけ記載せずに説明するというスタンスの本書では、「分かった」というところまで感じられなかったのだろうと思います。また、ぼく自身、素粒子とは何かという根本的なところの理解が乏しく、その予備知識の至らなさが理解不足に拍車をかけた感じです。ヒマ見つけて図書館で勉強してみます。