理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

UFOキャッチャーで 4,000 円つかった話

秋葉原で遊びましょうということになったのですが、はじめてゲームセンターで散財しました。具体的には UFO キャッチャーで散財しました。UFO キャッチャーなのかは実際よくわからない。総称として一番ただしいのはプライスゲームだと思いますけど、なんか掴む操作じゃなくて棒で押す操作だったりしたので、たぶん狭義の UFO キャッチャーじゃないんだと思います。でも実際になんのゲームなのか調べるのメンドくさいので、ここでは UFO キャッチャーで統一します。

UFO キャッチャーはヤバい

UFO キャッチャーヤバいですね。ハンパない。ここまでかってくらいに嗜好心を刺激してくる。ヤバい。
100 円とか 200 円入れて、ちょっとやってみようとか思うじゃん。まー一回失敗したら諦めようとか思うじゃん。ダメ。ダメ、ゼッタイ。諦めるとか無理です。安西先生が諦めたらそこで試合終了ですよって言ってたけど、ホントに諦めちゃだめなんだってかんじになる。だって諦めなかったら山王に勝ったし。安西先生スゴい。さすが安西先生だ。安西先生はきっと有名な UFO キャッチャーマスターでゲームセンター荒らしなんだと思います。
ちょっとイカ娘でも取るかーとおもってやってみたらさ、なんか結構惜しいところまでいくんです。あれ、ちょっとズレただけやん、みたいな。賞品いま動いたし、みたいな。既に 100 円突っ込んじゃったし、この 100 円をムダにしないためにもおれはもう 100 円投資ししないといけないよな、みたいな。だってこのままじゃあの 100 円かわいそうだし。だからさらに 100 円投資するじゃん。またちょっと動くじゃん。おっ動いた、あとちょっと…!! みたいに思うじゃん。でも財布の中 100 円玉無くなったし…って思ったら、ちょっと歩いたところに両替機あるじゃん。やった!! 神さまの祝福だ!!!! みたいな。そんなかんじ。

UFO キャッチャーはこわいです。スゴくこわい。もう何円突っ込んだのかわからなくなる感じ。正直いっちゃうと分かってんだけど、今日は使う日って決めたんだから大丈夫、みたいな、何が大丈夫なのか分からんけど開き直ってるかんじ。こういうのスゴく大事。開き直り超重要。もうおれは金を使うんだ!! この賞品を絶対に絶対に絶対に手に入れるんだ、みたいな、謎の割り切り。そしたらホントにゲットできるのね。とりあえずイカ娘ゲットしたし。正確に言うとミニイカ娘だったけど。
で、一度ゲットしちゃうと調子に乗っちゃうわけね。あれ、結構かんたんに取れたじゃん、みたいな。もうちょっと取れるんじゃね、みたいな。もしかするとこのゲームセンターの賞品とか全部取れる可能性なくね?みたいな。ヤバいです超ヤバい。お金すぐなくなる。でも今日は使う日に決めたんだから良いんだってかんじになる。ジャスティフィケーションね。自己正当化。正当化する理由もないけど。金っていうのはなッ! こうやってッ!! こうやって使うんだッ!!!! みたいな。そんなかんじ。

嗜好心マジやばい。そんなに欲しくない賞品なハズなのに、スゴい欲しいかんじになる。こわい。スゴくこわい。毛布かぶってブルブル震えてトイレに行けなくなるくらいにこわい。うそです。ぜんぶうそ。なにもかもウソだ。でも今日は 4000 円くらいは UFO キャッチャーで使って、4 つ、ねんどろいどの賞品取れたので良いです。もういいんだ。がんばった。がんばったからいい。

結論

そういうわけで、こんなぼくに金を貸してくれた日本学生支援機構はエラいですねっていうお話でした。