理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

maven と git-flow を使用したリリースフロー

ぼく自身、git-flow を利用するのは始めてで、Maven 力も低い。 そういう人間がリリース時にどうしようかとか考えても仕方がないので、先人に頼るかーと思っていたら、ちょうどいいエントリがあった。

Why I Never Use the Maven Release Plugin - DZone Java

このエントリ、基本的には maven-release-plugin を dis るエントリなんだけど、dis だけでなく、じゃぁどうやって「リリース」という作業を実現するのかが述べられているのが良いと思う。 git-flow を利用する maven 環境のエンジニアが遍くこういうフローを使っているかは知らないけれど、ぼくが考えるよりもずっと精度が良いと思うので、メモがてらまとめてみる。

リリースフロー

  1. リリースすることを全員に伝え、必要なリソースを development ブランチに push してもらう
  2. development ブランチから release ブランチを切る
  3. development ブランチの POM のバージョンを、次バージョンに更新し、commit & push しておく。
  4. release ブランチの POM バージョンを CR (Candidate Release) のバージョン (ただし、SNAPSHOT)に更新し commit & push。
  5. release ブランチでテストを実行し、PASS させる。
  6. release ブランチから Candidate Release のビルドを作成する
    1. release ブランチの POM バージョンを CR のバージョン (SNAPSHOT なし) に更新し、commit & push
    2. release ブランチで tag を切る
      1. の POM バージョンで再度更新し、commit & push
    3. 6-2. のタグで checkout
    4. deployment build を実行する
    5. deployment を QA 環境にデプロイする
  7. QA 環境で、テストを PASS させる。ここで出たバグは release ブランチで修正し、development ブランチに定期的に merge する。
    • 実行手順は、バージョンが CR2, CR3 と上がっていく以外は 6. の通り
  8. 最終リリースを作成する
    1. 正式なリリースバージョンで POM のバージョンを更新する
    2. release ブランチのタグを切る
    3. release ブランチを master ブランチにマージする
    4. master ブランチを checkout する
    5. deployment build を実行する
    6. 本番リリースを開始する

git-flow を眺めるだけでは分からなかったけど、リリースフローはなかなか複雑なかんじになる。たいへんそう。 もうちょっと省力化したいけど、そうすると maven-release-plugin の再発明になって、エントリの著者に dis られそう。