理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

WAS Libery ProfileにおけるJVMオプションの設定方法

WAS Liberty Profile において、WAS のランタイムに JVM オプションを指定する方法を探し回っておりました。 この手の JVM オプションは、アプリケーションサーバを立ち上げるスクリプトさえ発見できればすぐなんですけど、今回は Eclipse 上で WebSphere Application Server Developer Tools(WDT) を使って立ち上げるようになっていて、JVM オプションの設定項目もなくてつらみがあった。

結論としては、サーバの基本構成を記述した server.xml と同じ階層にjvm.options ファイルを置いて、JVM オプションを記述すれば良い。 たしかにこういう仕組みだと、WDT に設定項目なくても納得する。

-verbose:gc
-Dconsole.encoding=UTF-8

参考文献