理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

VLAN

**VLAN の作成

大きく 2 種類.

|| (config)# vlan vlan-id (config-vlan)# name vlan-name ||< あるいは ||

vlan database

(vlan)# vlan vlan-id name vlan-name ||<

VLAN の情報 (どの VLAN がアクティブで,どのポートがどの VLAN に割り当てられているかどうか) は

||

show vlan id vlan-id

||< で確認できる.

**VLAN のメンバシップ 一番よく使われるのがスタティック VLAN.各ポートに手動で VLAN を割り当てる.1 つの VLAN のみ割り当てられたポートをアクセスポートという.

|| (config-if)# switchport access vlan vlan-id ||< ダイナミック VLAN は VMPS (VLAN Membership Policy Server) を使って,ポートに接続されるノードの MAC アドレスによって VLAN を動的にポートに割り当てる. || (config-if)# switchport access vlan dynamic ||< メンバシップの確認は, ||

show vlan brief

||< ||

show vlan

||< などで.brief をつけると,VLAN の情報のうち,メンバシップのみが表示されるぽい.

**トランク

一本の物理ケーブルを複数の VLAN 用の複数の論理的ケーブルとして扱えるようにするのがトランク.Catalyst では以下 2 つのトランキングプロトコルをサポートしている. - ISL Cisco 独自のトランキングプロトコル.イーサネットフレームの前後を ISL ヘッダと CRC トレーラでカプセル化する ISL ヘッダ中に VLAN-ID を格納している. - 802.1q IEEE で標準化されたトランキングプロトコル.フレーム内部に 4 バイトの VLAN タグ情報を挿入するので,タグ VLAN とも呼ばれる.標準イーサネットフレームの CRC は再計算が必要になる.だって VLAN 情報を挿入するわけだしね.

トランクの設定は以下で.

|| (config-if)# switchport mode trunk (config-if)# switchport trunk encapsulation dot1q # IEEE 802.1q を使う場合 ||< 確認は以下で.どのトランキングプロトコルが使われているか,どのインタフェースが trunk になっているかが出力される. ||

show interface trunk

||<