理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

zshのanything.elライクなwidgetたるzawがわりとライフチェンジングだった

zaw、前から便利だ便利だとは聞いていたけど、実際に使ってみたら普通にライフチェンジングだった。 インストールは、github から落としてきて、zaw.zsh を .zshrc から読み込ませるだけ。

|tcsh| $ git clone git://github.com/zsh-users/zaw.git remote: Counting objects: 136, done. remote: Compressing objects: 100% (86/86), done. remote: Total 136 (delta 43), reused 136 (delta 43) Receiving objects: 100% (136/136), 23.68 KiB, done. Resolving deltas: 100% (43/43), done. $ echo "source ${PWD}/zaw/zaw.zsh" >> ~/.zshrc ||< いくつかコマンドが使えるようになるので、bindkey でキーバインドを変更すれば良いけど、Ctrl-R を zaw-history に変えるだけで一歩違ったシェル生活になる。 |tcsh| bindkey '^R' zaw-history ||< こういうのは動画で見ると一番分かりやすい。 コマンド履歴から、ansible-playbook コマンドの履歴を検索して実行するとこんなかんじになる。

percol も良さそうなんだけど、コマンド履歴は zaw、ディレクトリ移動は z で当面不便はなさそう。