理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

trac をインストールした

**興味

trac がなんかヤバい感じだ!! -http://journal.mycom.co.jp/special/2006/trac/index.html -意外と使われていない「個人用trac」活用のすすめ | ランサーズ社長日記 -[Think IT] 【バグ管理の作法】Trac徹底活用! わくわくしてきたので,インストールとかした.

**trac のインストール

ubuntu でやったった. まず,trac.

|| $ sudo apt-get install trac ||< これで trac,libapr1,libaprutil1,libpq5,libsvn1,python-clearsilver,python-pysqlite2,python-subversion,subversion がインストールされたりした.

**apache のインストール

次に apache.

|| $ sudo apt-get install apache2 ||< apache2 apache2-mpm-worker apache2-utils apache2.2-common がインストールされた. いかにこれまで何もインストールされてなかったかが分かりますね.

**mod_python のインストール

単なる CGI だと遅いみたいな話があったし,mod_python 使うと速いみたいな話もあったので,従順なぼくはそれに従ってみる.

http://trac.edgewall.org/wiki/TracInstall> Trac provides three options for connecting to a "real" web server: CGI, FastCGI and mod_python. For decent performance, it is recommended that you use either FastCGI or mod_python. << ドキュメントも含めてインストールなどした. || $ sudo apt-get install libapache2-mod-python libapache2-mod-python-doc ||<

**ディレクトリ準備

そしたらまず,subversion のリポジトリ用のディレクトリと trac 用のディレクトリなどを用意してみます.

||

svnadmin create /var/repos

mkdir /var/trac

||<

**trac の設定

次 trac の設定. ゴチャゴチャ聞かれたけど,だいたいデフォルトで設定.

||

trac-admin /var/trac initenv

Project Name [My Project]> My Repos Database connection string [sqlite:db/trac.db]> Repository type [svn]> Path to repository [/path/to/repos]> /var/repos Templates directory [/usr/share/trac/templates]>

Congratulations! ||<

**svn+ssh でのアクセスのため

apache 経由でバージョン管理してもいいんですけど,今は svn+ssh でアクセスしたい. なんか svn+ssh だと,commit するときとかのユーザが ssh でアクセスするユーザに設定されるぽい. リポジトリにアクセスするときにパーミッションエラーを出さないため,svnusers みたいなグループをでっちあげて,とりあえず自分を所属させてみる.

||

groupadd svnusers

addgroup y-kiri svnusers

||< で,svnusers でリポジトリとかに書き込みできるようにしとく. ||

chgrp -R svnusers /var/repos

chown -R g+w /var/repos

||<

**apache がアクセスできるように trac 用のディレクトリには,apache がアクセスできるようにしとく.

||

chown -R www-data:www-data /var/trac

||<

**apache 設定

次,/etc/apache2/sites-available/default に以下を追加.

|apache| ScriptAlias /trac /usr/share/trac/cgi-bin/trac.cgi SetHandler mod_python PythonHandler trac.web.modpython_frontend PythonOption TracEnv /var/trac PythonOption TracUriRoot /trac ||<

**確認 よっしゃリロード!

||

/etc/init.d/apache2 restart

||< trac のページ見えた!!

trac-ja-resource を使って日本語化するとこんな感じ.