理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

gRPCにおけるmetadata、そしてそれを node.js client から取得する

gRPC には metadata という概念が存在します。 これは RPC においての付加情報ということになっており、golang からの扱いは簡単です。ただし、node.js を client として使う場合にどのようにして metadata を「取得する」かあまり情報がなく苦しみました。 …

TCPのTIME-WAITを温かく見守る

このエントリは、 Qiita に投稿したエントリのマルチポストです。 tl;dr TIME-WAIT を含む状態遷移 TIME-WAIT の存在目的 Wandering Duplicate 問題への対策 その時間って TCP 切断に至るフローの最後の ACK が届かないケースへの対策 A の立場 B の立場 問…

gRPC で golang server/node client を SSL に対応させる

今回は、gRPC で SSL 通信を行おうと思います。 環境としては、サーバは golang、クライアントは node.js という構成です。 ルート認証局、証明書を作成する。 golang の gRPC サーバに組み込む Node.js client を SSL に対応させる node のソース ルート認…

node.js の gRPC clientで client side keep-alive (定期的な PING frame 送出)を実現する

gRPC では HTTP/2 を使っており、HTTP/2 では 1 本の TCP のコネクションの上で stream を多重化します。このため、TCP のコネクションはずっと張りっぱなしになることが多く、どのようにしてこのコネクションを維持するかが重要な場合があります。 問題とな…

gRPC 関連でデバッグを行うときに指定すると便利かもしれない環境変数たち

Go で gRPC 周りをデバッグするときに設定しているとデバッグするのが楽になる環境変数がいくつかあります。このあたり、情報が色んな所に散財しているので、ちょっとまとめますね。 GODEBUG その他 GRPC_VERBOSITY, GRPC_TRACE GRPC_GO_LOG_SEVERITY_LEVEL,…

golang でのデバッグに非常に便利な go tool trace

なぜかおかしな振る舞いをするサーバプログラムをデバッグするというのは、それなりに骨の折れる作業です。大量のソースを前に「ここが怪しい」と言いながらデバッグログを埋め込むこともあるでしょう。また、lsof や ss といったコマンドやスタックトレース…

zshのターミナル環境を変更したらモチベーションアップした

雑談ネタです。 4 月に入り、自宅の Mac をクリーンインストールし直しました。 最近どうも多忙にかまけてしまい、この Blog も含めて自宅での IT 関連のモチベーションが湧かない状況でした。全てを一新することで、もう一度あの熱い想いを思い出せないか、…

vscode-proto3 利用時に `spawnSync clang-format ENOENT`

Protocol Buffer の proto ファイルを VS Code で編集するにあたって便利なのが vscode-proto3 です。 こちらを割と使っていたのですが、いつの間にか spawnSync clang-format ENOENT というエラーが出るようになってしまいました。ver. は 0.2.2。 原因 メ…

Protocol Buffer で時刻(タイムスタンプ)を扱いたい

API でのリクエスト、レスポンスのフィールドとして、タイムスタンプを定義したいときがあります。 しかし、Protocol Buffer の言語仕様上、Scalar として日付、時刻関連の型は定義されていません。このようなとき、どのように対処すれば良いでしょうか。 日…

gRPC の Server Streaming RPC で HTTP/2 の挙動を確認してみる

先日は gRPC の Unary RPC で HTTP/2 の挙動を確認してみました。 gRPC Unary RPC で HTTP/2 の通信を追ってみる - 理系学生日記はてなブックマーク- gRPC Unary RPC で HTTP/2 の通信を追ってみる - 理系学生日記 今日は、gRPC の Server Streaming RPC を…