読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

WEB+DB PRESS Vol.72 読んだ

book

今回の WEB+DB PRESS、コードレビュー特集だった。

WEB+DB PRESS Vol.72

WEB+DB PRESS Vol.72

  • 作者: 近藤宇智朗,生井智司,Dr.Kein,tokuhirom,森田創,中島聡,堤智代,A-Listers,はまちや2,竹原,川添貴生,久保達彦,道井俊介,飯田祐基,中村知成,規世やよい,後藤秀宣,天野祐介,奥野幹也,WEB+DB PRESS編集部
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2012/12/22
  • メディア: 大型本
  • 購入: 11人 クリック: 94回
  • この商品を含むブログ (10件) を見る

コードレビューのメリットとして、

  • コードの質の向上
  • コードの共有
  • 教育的意義

みたいなこと書いてあった。
人間いろんな考えの人がいるから、コードレビューがないってことが分かると、マジに適当なコード書いて動けば良いやみたいなかんじになるときがある。こういうの防ぐためにも、コードレビューしたほうがいい。そもそもヤバいコードしか書けない人っていうのも一定数いるので、それも防ぎましょうみたいなかんじだった。
あと、コードの共有っていうので、トラックナンバーっていう概念が紹介されてた。トラックナンバー

そのプロジェクトで何人がトラックにはねられて入院してしまうと、プロジェクトが立ちゆかなくなるか、という人数のこと

だそうで、トラックナンバーが 1 だったら、たった一人がプロジェクトを離脱してしまうと「プロジェクト(おわり)」 みたいになる。これ、あってはいけないんだけど現場では良くある話で、「あっここの動きおかしい」「実装者だれー」みたいなことになりがち。レビュアがその部分の実装おさえておくと、実装者いなくてもだいたいここのロジックがおかしいっぽいからココ直せばいいっていうのがだいたいわかる。
そういうのスゴい気をつけているんだけど、請負案件として外注すると、そういうのしにくくなるから大変だとおもう。詳細設計ちゃんとしてから外注しようね、みたいな話もあるけど、そもそも詳細設計で全部動作を固めるの現実的に無理だとおもうし、価格上昇するから、こういうのウォーターフォールのジレンマだとおもう。
あと、コードの共有って、レビューの目的というよりは副次的なメリットだと思う。実装者間・プロジェクトメンバ間で、ロジックの共有をちゃんとしましょう、横連携しましょうっていうの、別出しで取りくんだ方が良いとおもう。