理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

ネットワークシミュレータの OSS,ns2 の解説本が出たらしい

ns-2 はネットワークの研究においてわりかし広く使われているオープンソースのネットワークシミュレータです.物理層からアプリケーション層までのシミュレーションが(一応)でき,非常に詳細なトレースファイルや電波強度まで考慮したワイヤレスシミュレーションもできるとかわりかし高機能なのですが,慣れるまでに時間がかかることでも有名だったりします.C++ と OTcl を知ることが前提になる上に*1,リファレンスが充実し過ぎていてどこから読んだら良いか確実に戸惑います.最初に何をしたら良いかを理解するまでの敷居が非常に高く,ぼくはインターンシップと同時並行とは言え,ns-2 の使い方を理解するまでに 1 ヶ月くらいかかりました.

ただ,最近はその解説本が出ているので,わりかし楽になっているかもしれません.下の本についてはパラっと読んでみたことがありますが,結構使えそうだなーとか思いました.

NS2によるネットワークシミュレーション - 実験で学ぶQoSネットワーク技術

NS2によるネットワークシミュレーション - 実験で学ぶQoSネットワーク技術

ところで ns-2 には blog があるのですが,そこで ns-2 ビギナー向けに本が紹介されてました.

Introduction to Network Simulator NS2 is a primer providing materials for NS2 beginners, whether students, professors, or researchers for understanding the architecture of Network Simulator 2 (NS2) and for incorporating simulation modules into NS2. The authors discuss the simulation architecture and the key components of NS2 including simulation-related objects, network objects, packet-related objects, and helper objects.

Network Simulator, Ns-2 Blog

Introduction to Network Simulator NS2

Introduction to Network Simulator NS2

目次を見た限りでは,相当使えるんじゃないかと勝手に想像していたりします.なお,中身は読んでない.

*1:C++ といっても,テンプレートも STL も出てこないですが