読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

蟲師良いです

usual day

蟲師、何期なのかよく知りませんけど 4 月からアニメが始まるらしいです。
− TVアニメ『蟲師 続章』公式サイト

そしたら友達から 4 月までにこれを見ないとダメだという話を伺いまして、同時に蟲師Blu-ray ディスクを借りることになりました。26 話入りの大ボリュームです。ヤバいです。

蟲師 二十六譚 Blu-ray BOX

蟲師 二十六譚 Blu-ray BOX

ともだちが 4 月までにこれを見ないとダメだと言っているからには 4 月までにこれを見ないとダメなわけで、どうダメなのか分かりませんけど、4 月までにこれを見終わらないと、最悪死を覚悟する事態になる可能性もあります。せっかくこの世に生を受けたのに、蟲師を見ないばかりに死ぬのは嫌です。死ぬのは嫌なので一日に最低一話を見ることにしたら、蟲師かなり面白くて、まだ全部見終わってないんですけど、こうやって 1 エントリ書くことにしました。時間を忘れるかんじで引き込まれて良いです。みなさん見ましょう。4 月からのも見ましょう!絶対見ましょう!!!

動物でも植物でもない、微生物や菌類とも違う、もっと命の原生体に近いモノ達、それらを総じて"蟲"と呼ぶ。それらは形や存在が曖昧で、存在を知る ものは限られた"ヒト"のみである。"ヒト"と"蟲"が重なる時、人智を超えた妖しき現象が生まれ、その時 "ヒト"は初めて"蟲"の存在を知ることになる。
本編では"蟲"と"ヒト"をつなぐ"蟲師"である主人公のギンコが、旅の途中で 様々な人々と、それに関わる"蟲"に出会い、妖しき現象を解決し、"ヒト"と "蟲"とを共生へと導いていく…。

蟲師 [ あらすじ ]

異形というか、人や動物とは違う形の生命であるところの"蟲"が、何の意図も悪意も持たずに人や動物に働きかけ、色々な影響を生み出す世の中が舞台なわけですけど、その蟲を見ることができる蟲師が時には問題を解決したり、時には何もできなかったりという話になります。決して一話一話がドラマティックなわけではないですが、それでもそれら一話一話に共通して流れる静かな時間も、ノスタルジックで叙情的で繊細な構成も良いです。蟲師想像以上に良かったので、26 話見おわるまでは生きていこうという気持ちになりました。
ここで紹介されているリンクも蟲の影響っぽくて良かったです。

蟲師良いです!!!!