理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

会社説明会でクラウドと仮面ライダーの話をしてきました

今日も会社説明会でおはなしをしてきました。

いいですかみなさん、会社説明会というのは、ちょっとだけ早く会社に入ったというただそれだけの理由で、おれみたいな平社員が、就職活動しているみなさんに対して偉そうに「クラウドって華々しく聞こえるかもしれないけど、浮かび続けてこその"雲"だから、中では浮かばせ続けるために泥臭いことをしてるんだよ。」みたいな知ったようなことを語る、たいへん名誉ある機会です。みなさんはそういう社員を前にして、こいつ偉そうに語ってるよなーとか思いながらも、立場上ふんふんとか適当に相槌を打たないといけない。これは苦行です。よくない。まったくよくない。0 点だ!!!

ぼくはそういう現代に立ち向かう戦うサラリーマンですから、会社説明会という神聖な場で、一次試験を控えてドキドキのみなさんに対して、仮面ライダーの話をしてきました。

仮面ライダーというのは仮面を付けたライダーです。でもそんなのはみんな分かってる。ググれば仮面ライダーの情報はほとんど手にはいる、それが現代です。ぼくはぼくだけが提供できる付加価値を、仮面ライダーの情報を提供せねばなりません。それはなにか。それはぼくが仮面ライダーについて抱いている感情ではないか。そういうわけですので、今回は「ぼくは仮面ライダーにハマっている」その一点のみを伝えることに努めました。
水滴の力は弱いけれども、一点のみに集中させれば石をも穿つ。仮面ライダーの情報はつまり石をも穿ちます。仮面ライダーは石より強い。すごい。カッコいい。仮面ライダーはあまりにもクールだ。そしたら人事に仮面ライダーの話をしてるの聞かれた。ぼくはもうだめだ。おわった。破滅の足音が聞こえる。世界は絶望に満ちている。