理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

マスクをつけていてもiPhoneロックを解除できるようになった

iPhoneのFace IDは便利な機能ではあるのですが、コロナ禍でマスクをつける時間が長くなると、Face IDでのアンロックはできなくなります。 これは非常に不便なところで、アンロックの都度いちいち手でiPhoneをアンロックするのはストレスでした。

この問題、iOS 14.5へのアップデートによりようやく解決できました。

Starting today, customers can use their Apple Watch to securely unlock iPhone when attempting to use Face ID while wearing a face mask.

iOS 14.5 offers Unlock iPhone with Apple Watch, diverse Siri voices, and more - Apple

Apple Watchのアップデート

上で引用した発表にもありますが、マスク有の状態でiPhoneをFace IDでアンロックするためにはApple WatchのSeries 3以降が必要です。 ぼくも手持ちのApple WatchはギリギリSeries 3でしたので、なんとかこの機能を利用できました。

Apple Watchのアップデートというのは割と鬼門で、容量不足でアップデートが失敗するという事象が頻発します1。 大本営発表に基づいてペアリングを解除する対応を行い、1時間くらい使ってなんとかwatchOS 7.4にアップデートを成功させました。

実際に使ってみて

実際に使ってみると、顔を向けるだけでiPhoneをアンロックできる体験はとても良いものでした。逆にいうとこれまで如何にストレスを溜めていたかも良くわかります。

Face IDでマスクをつけている顔を検知するとApple Watch側に問い合わせ(?)、Apple Watchがアンロックされていることを条件にiPhoneのロックを解除する仕組みのようです。 解除時にはApple Watch側に触覚フィードバックが届くため、第三者がFace IDアンロックを使ったとしてもわかります。また、一度アンロックされてもApple WatchからiPhoneを ロック可能で、セキュリティへの配慮が伺えます。

前述のWatchOSアップデートが最大の鬼門でしたが、それさえ越えてしまえば非常に良い体験が得られました。


  1. 容量不足で Apple Watch をアップデートできない場合 - Apple サポートを見る限り、Series 3固有の問題でしょうか。