理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

FSFS

Apache Subversion Source Codeから目についたもの.

**長所

-読み込みの際に書き込みは必要ない -リポジトリの大きさが Berkeley DB の 10-20%程度 -プラットフォームに依存しない --Berkeley DB は リカバリ/dump/load 操作を行わないと,別プラットフォーム上においてリポジトリを使えない

http://svnbook.red-bean.com/en/1.4/svn-book.html> First, Berkeley DB environments are not portable. You cannot simply copy a Subversion repository that was created on a Unix system onto a Windows system and expect it to work. << -ネットワークファイルシステム上でのホスティング可能 -コミッタの umask 設定に煩わされない -インクリメンタルなバックアップが可能 --古いリビジョンには変更が行われないため -- Berkeley DB だと hotcopy とか dump が必要になる -リポジトリの分割が可能 -svn log -v が高速 --copyfrom 情報を一緒に保存しているため

**短所

-HEAD リビジョンを取得するときなどは Berkeley DB より時間がかかる --差分を保存していっているため -コミットするときの最終処理にも時間がかかる -管理対象としてのファイルがたくさんあるとき,1ディレクトリの下にその大量のファイル群が置かれることになる --あるファイルシステムによっては負荷が高い