理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

貢献度合い

スゲー深いテーマだなーとか思ったよ.

人がいなくなって始めて誰が稼いでいたのかはっきりするのよ
それまではわからないの

http://hamasta.g.hatena.ne.jp/hamasta/20080303/p1

実際,結果に対して人なり何なりがどれだけ貢献してるのかってたぶん2つの指標が必要で,それは上の文章に書いてあるとおり,「その人がいた場合の利得」と「その人がいなかった場合の利得」なんだと思うのです.
自律度 (というか定義を見ると依存度に見える) を定量化するみたいな話がこの本に書かれてたはずなんですけど,それを見てもやっぱし,あるノードがいるときの利得といないときの利得という"結果"から,自律度 (依存度) が計算されるようになる.

Agent Autonomy (Multiagent Systems, Artificial Societies, and Simulated Organizations)

Agent Autonomy (Multiagent Systems, Artificial Societies, and Simulated Organizations)

この2つの指標を同時に正確に得るというのは,平行世界がないとむりぽですから,結局誰が一番貢献していたかなんて軽々に出るものじゃないかもしれないですね.
良い結果が出たらみんなそれを自分の貢献であり成果だと思いたいですし,特に自分が直接的に関わっていたとしたら,間接的な貢献なんて見えなくなるしなー.