理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

自己正当化

よく考えないといろいろとダメな感じの世の中になってきているんですけど,汚いと思っているものが本当に汚いかどうかについても良く考えないとダメですね.
社会人なのに財布の中に 38 円しかないとかいう人を小バカにするのは簡単ですけども,もしかしたらクレジットカードで生活している人だったら有り得る話かもしれませんし,玄関前に味の素が落ちている人をうんこと称するのもやっぱり簡単ですが,その人はもしかしたら生まれがちょう特別で,その人が生まれた街では味の素は玄関前に置いておかないと村八分にされるのかもしれません.

こんな風に,みなさんとは違う常識というのは世界に満ち満ちていますし,日本とかは資源が少ないですから,そういう人を理解してあげないと今後ごはんが食べれなくなってしまう.

汚さもよく考えないといけない

というわけですから,汚さというのもよく考えないといけません.
バイキンが 100 匹手にいるというのは果たして汚いのか.
もしかしたら 100 匹程度だったら全然健康に影響ないし,そもそもみなさんとかクソ鈍感だから全然気づかないレベルかもしれませんし,もしかしたら 100 匹というのは超ヤバくておまえら死ぬ寸前みたいな感じかもわからない.

世の中定量的でなく,感覚的にしか表現されない言葉というのはたくさんありますし,そういう言葉に限って暴力的な威力を持ったりする.

何を称して汚いかを言うことさえもできないのに,人を汚い汚いというのはまったく意味がわかりませんから,ぼくがたとえ一日くらい風呂に入らなくたって良いじゃないかみたいな感じで,たぶんだけど三日くらい風呂に入らなくたって全然余裕だし,エコとか言う暇があったら節水したら良いですね.

こんな風に自己正当化というのはいろいろとヘリクツをこねまわしとけば良い感じでオールオッケーだ!!

ところでぼくは 38 円しか持ってないけどクレジットカードでは生活してないですし,前はなぜか玄関前に味の素が落ちてましたけども,ごく普通に山口県で育ちました.