理系学生日記

おまえはいつまで学生気分なのか

忍者TOOLS

気分をよくするためのライフハック

インターネットにずぶずぶの皆さんは、ライフハックという単語に(笑)をつけてないと「このド素人が!!!!」と憤懣やるかたない感じでしょうけど、怒るエネルギーでインターネットの海をもうちょっと泳げますのでそれはしない方がいいですよ。
今日はぼくが、言いたいこともいえないそんな世の中から怒りを駆逐する、スゲー役に立ちそうなライフハックをご紹介さしあげます。

言葉の魔力

言葉というのはコミュニケーションの一手段なのかもしれませんが、すごい魔力を秘めている。
ありがとう!と言われれば心がほんわかしますし、
キモい!と言われれば落ち込みますし、
氏ねじゃなくて死ね!!と言われれば、なにこのキモオタ!!と憤慨します。
言葉というのは人の感情を動かす手段になっているのですね。


ところで、言葉というのは発声しなくても言葉です。
手話なんてその良い例だし、ボディランゲージもそうですね。
会釈とかだって、あるいは中指を立てるだけでも意思というのは伝わる。スバらしい!!

MOTTAINAI

現代というのはすごくストレスフルで、厚生労働省が謝ってたり、20歳に満たないボクサーが謝っていたり、ドルジが謝ってたりする。
謝っているのを見てみんな溜飲を下げるんだけど、謝っているのはみんなに迷惑かけたり怒らせたりしてごめんなさいってことで、やっぱし世の中怒りに満ちている。
この怒りのエネルギーでエネルギー問題解決できるんじゃね?とか思うんだけど、それは今回のお話とはまったく関係ありません。はらへった。


みなさん怒ったり謝ったりするエネルギーの無駄遣いにここで終止符を打ちまして、楽しい世の中を作りましょー。

hack

本題です。
まず自転車に乗る。自転車がない人はあなたのその足で実現します。
人間は古来より、その2本の足で大地を踏みしめ時代を築いてきたのですから、このくらいのhackなんて朝飯前です。


次に横断歩道のある交差点を見つける。なくても良いけどあぶない。


皆さんはその横断歩道より50mくらい後ろに下がります。左折車が来るのをまつ。
左折車っぽいのが来たら、猛スピードで横断歩道に突っ込むと見せかけて、横断歩道の前で止まる。
たぶん左折車の中の人はみなさんを視認していて、横断歩道を突っ切る前に止まってくれるんですけど、
そこでみなさんはにこやかに「どうぞどうぞ」というボディーランゲージをしながら中の人をにこやかにガン見します。
たぶんだけど中の人は「ありがとう」って会釈をしてくれますね。


ちょっと分かりづらいので、図示するとこんな感じ。


ぼくはこのエントリの最初に

ありがとう!と言われれば心がほんわかしますし、

って書きましたが、みなさんも心がほんわかしていることでしょうし、車の中の人も進路をゆずってもらったので、嬉しくなって飛び上がらんばかりです。とてもよかった。


老婆心ながら言っときますけどあぶないですから、素人はやめたほうがいいですよ!hackは自己責任で。